私が骨盤矯正を始めた理由

骨盤矯正をする理由

開院当初は産後の骨盤矯正をしていなかった当院が、骨盤矯正を始め、「産後の足からケア」を勧めるようになったきっかけと経緯を書いています。

お時間のある方は、是非ご覧下さい(^^)

始まりはスポーツ選手治療院でした

スポーツトレーナーすこやか整骨院は2004年に長崎市新戸町に開院しました。

開院当初は産後の骨盤矯正はしておらず、当時独身だった私がラグビーや空手などをしていた事もあって、学生さんやスポーツ選手が多い整骨院でした。

ケガした選手に早朝からテーピングを巻いたり、日曜日に試合会場でトレーナーとして応急処置をしたり、毎日忙しく充実した仕事をしていました。

結婚、そしてパパに!

フットケア

その後、妻と結婚し、2008年に長女、2010年に長男が生まれました。

自称イクメンですので(笑)、オムツや離乳食など、育児には積極的に参加しましたが、想像以上の大変さに疲れ、イライラする事も多々ありました。

また妻も、妊娠中や出産後はとても身体がキツそうだった事を覚えています。

調度その頃、私が「足の専門家」として保育園で育児講座を受け持ったり、
テレビで子供の足の話をする事が増えてきました。

その影響もあって、妊婦さんや出産後の産褥期の女性が来院される事が増えてきました。

上手くいかない日々からの発見

産後の女性に対しては、それまでの整体法でも、ある程度の効果は出たのですが、
産後特有の体の変化や、出産に至るまでの経過の違いから個人差も大きく、なかなか思うような結果が出ない事もありました。

そこで、改めて本格的に出産後の女性の体について勉強するようになりました。

骨盤矯正の知識と経験が増えていく中で、
出産後の女性の多くが、私の専門である「足」に不調や問題を抱えている事に気付きます。

そこから誕生したのが、当院独自の整体法と「産後の足からケア」という考え方です。

今年は「3児の父」1年生

赤ちゃん連れ現在では多くの方が産後の骨盤矯正に来て下さる様になり、毎日赤ちゃんと接しているおかげで、我が子2人の育児中より抱っこが上手になりました(笑)

そして今、妻のお腹の中には、待望の第3子を授かっています。

外では『産後のスペシャリスト』だと豪語する私ですが、実際に育てるのは、そんなに甘いものじゃないと思います。

今回の出産では、しっかり妻を支えながら、その中で感じた喜びや苦しみをじっくり味わい、親としてもう一回り成長したいと思います。

それが、今後出会う患者さまへ、より良い施術を提供する事に繋がるんじゃないかなーと考えています。

(きっと「3番目あるある」で盛り上がれる様にもなります。笑)

2017年7月
院長 臼井一晃

 

2017年9月追記:

無事に第三子、次男の「快(かい)」が産まれました(^^)

赤ちゃん

>診療時間と料金について
>ラジオ波ダイエットとは